事故から治療終了まで

交通事故に遭ったら警察を呼んで現場検証を行うのが一般的です。万が一けがをしていると病院に行くことになります。また交通事故に関して物損扱いにするのか、また人身事故扱いにするのかを自分で決定します。

物損扱いではけががなかったという扱いになりますが、場合によっては通院や入院をする物損扱いもあります。ただ一般的にはけがをして病院に通うことになるケースでは人身事故扱いにします。人身事故扱いにするためには医師が書いた診断書を警察署に持参をして手続きを取ります。

けがをしていたら通院や入院を行います。しばらくは治癒を目指して治療を継続していきます。通院や入院の期間はそれぞれのケースで異なりますが、長い場合には6か月にも及ぶ場合があります。

この6か月の区切りは非常に重要で、一般的に6か月をめどに治療を終了するかどうかの判断が主治医から伝えられます。6か月経った時点でもけがの状態がよくなっていかない場合、これ以上の治療は打ち切りとなり、症状固定という判断がされます。この段階で保険による治療は終了になります。この後に治療を継続したい場合には自分の健康保険を使用して自費で通院を継続することになります。また6か月経過する前での間に治癒になった場合、その時点で治療は終了します。