交通事故に遭ったら

交通事故に遭って不幸にもけがなどをした場合、入院や通院をしばらくすることになりますが、交通事故に遭ってから慌てることがないように交通事故発生から示談金を受け取るまでの流れについて一度きちんと理解しておきたいものです。そうすれば慌てることもありませんし、冷静に行動をしていくことができます。このサイトでは具体的に流れについてお伝えします。

交通事故に遭って人身事故扱いでも物損扱いでもどちらにしても通院や入院をすることがあります。通院や入院をする際には治癒を目指してきちんと治療を行っていく必要があります。また通院をしていく中で相手方の保険会社から通院や入院を止めるように暗に伝えられることがありますが、自分のけがが治るまでしっかりと治療を継続するようにしなければなりません。また治療を続けるかどうかは主治医が決定するものですから、相手方の保険会社の意見をあえて聞き入れる必要はありません。

通院や入院をしていてけがが完全に治る場合があります。これを治癒と呼びますが、治癒になればそこで治療は終了になります。その後相手方の保険会社と示談金に関する交渉を行っていくことがあります。最近ではこの方法を採らずに弁護士に依頼したり交通事故紛争処理センターに持ち込むこともあります。

治癒にならずに症状固定になる場合がありますが、この場合には後遺障害認定を受けるかどうかで流れが変わっていきます。後遺障害認定がされない場合にはそのまま保険会社と示談交渉をしていくのが基本です。後遺障害認定された場合には保険会社との交渉もありますが、等級によっては裁判を行うケースもあります。